· 

台湾展2018

日本と台湾の現代芸術家たちによる展覧会

『永遠の朋友展 2018』に出展参加しました。

会場は台湾の中正記念堂で

10月8日から17日までの開催でした。

 

 私の出展作品は、タイトル『龍の背に乗って』

 

今回の展示会のお話を頂いたとき

龍を描こう!とすぐに思いました。

そしていつものように下描きなしで

内側の感覚に任せて描き

現れたのはこの龍でした。

 

とても優しくてかわいい龍!

 

描き終わってタイトルを感じていると

「ぼくの背中に乗ってごらん」と

言っているように私には聞こえ

『龍の背に乗って』というタイトルになりました。

 

龍に親しんでいる台湾のみなさまに

この絵を見て頂けて

とてもうれしいです。

ありがとうございました。

 (2018年11月4日記)

 

故宮博物院の国際友好会員証をいただきました。

龍に親しんでいる台湾のみなさんにこの絵を見て頂けて

本当にありがたい素晴らしい機会だったと

あらためて感じています。

私自身は急な用事ができて現地には行けなかったのですが、

展覧会を運営されたスタッフさんから

ステキなご報告をいただきました。

 

**************************

「現地のお客様からのご反響はかなり得られたと聞いており、

やすだ先生の場合、特に似た作品の無い唯一無二の作品なのと、

仰る通り龍がモチーフということもあり注目度を浴びたうえで、


今回ご来賓として日本のお作品を全て見ていただいた

中興藝術大学顧問の林輝堂先生は、

「このような龍はこちらでも見た事が無く幻想的で深く印象に残る」と

コメントを残してくださったとのことです。

 

現地のお客様からも大変人気で、老若男女問わずお作品については

足を止めて見る方が多かったとも聞いております。 

****************************

 

本当にありがたいことです!

ありがとうございます。

(2018年11月21日記)