Profile

 

1975年長野県生まれ。二児の母。

2011年より独学で描き始める。

絵の具が自然に流れ混ざる色と形を楽しみながら、

頭で考えずに自分も自然の一部である

という感覚の元で描く。

個展、グループ展多数出展。

 

 

Born in Nagano, Japan in 1975.  Began self-studying drawing in 2011. She draws without thinking with the head, enjoying the way the colors blend naturally together and take form.  She thinks of herself as part of nature, and creates with her sense of perception only.  Many solo exhibitions and group exhibitions.  The mother of two children.

 

 

私の描く道のりは2011年の6月から突然始まりました。

小さいころから30代半ばまで絵を描くことは苦手な私でした。

「上手い絵」という漠然としたイメージが私の中にありました。

描く前からそんな絵は描けない、という気持ちがあり、描くことをあきらめていました。

しかしある日突然なんとなく渦巻きを描きたくなり「誰に見せるわけでもないし」と

自由に〇や*など組み合わせたマンダラのような模様を描き始めました。

とても楽しくて毎日毎日夢中で描いていました。

それがどんどん複雑に変化していって今のような絵の具を使って描くスタイルへとなってきました。

 

私は頭で構成を考えたり下描きをしないで自分の内側にある感覚を使って描いています。

上手く描こうという計らいは脇に置いておいて自分の内側に集中します。

絵の具の色、水の動き、混ざり具合を楽しみながら私も絵の中に入り

その感覚を味わいます。

そうしているうちにいつの間にか描き終わります。

それは私の頭で考えてできるものを超えた世界に触れる体験です。

私は私の感覚から自由に描き表現することがとても楽しくしあわせです。

多くの方に作品を自由にみて感じていただきたいです。

 

誰でもその人にしかできない表現があると私は思います。

みんなで安心して楽しく自己表現し合いわかち合っていくこと―

それは豊かで平和な世界を生きることに繋がるのではないでしょうか?

 

私にとってアートはあらゆる壁を越えていく生きた祈りであり願いであります。

 

 

-過去の展示会状況-

    201312月、松本にある「ナチュラルべーグルうたカフェ」にて初の個展“光の記憶”を開く。

    20142月、松本にある「ゆるカフェ日和manaya」にて第2回目の個展“光の記憶vol.2”を開催。

    201411月、麻布十番にある「ギャラリーカフェバー縁縁」にて第3回目の個展“光の記憶vol3 ~いのり、つなげる~”を開催。 

    2015年「RICO」という名前から「やすだみちこ」と活動名を変更する。

    2015年6月、7月、「ゆるカフェ日和manaya」にて第4回目の個展

ハートWAアート”~ハートはアートの世界です~を開催。

    201511月東京にある「ガレリア原宿」で第5回目の個展“エターナルライト”を開催。

    2016年2月「ガレリア原宿」にて第11回アートコミュニティー展に出展。

    2016年5月「ゆるカフェ日和manaya」にて第6回目の個展〝光のかたち“を開催。

    20167月「ガレリア原宿」にて写真家 太陽系太さんとコラボ展を開催。

    201612月「ガレリア原宿」にてFeel展に出展。

    20171月から2月、国立新美術館で開催された平泉展に入選し出展。

    20176月松本のギャラリータカハシにて第7回目の個展を開催。

    201710月パリにて「4th DISCVER THE ONE JAPANESE ART」に出展、人気アーティスト賞を受賞。

    20181月金沢の21世紀美術館にて「環境をアートの色で変えていく展」に出展。

    20182月書籍「PEASE CREATOR」に作品「夢のつづき」と「アナタトトモニ」掲載予定。